ハワイ法人・パワフルウーマンリミテッドのブログ。仕事をEnjoyする! キャリアと生き方には妥協しない! 元気に食べる・遊ぶ・生涯学び続ける! パワフルウーマンのモットーです!
「米国税理士シアトル受験記」の連載(ぷっ。偉そうに!)を終え・・・
若干燃え尽きた感があるパワフルウーマンです。こんにちは。

今日は「Employee Satisfaction(従業員の満足度)」について記事を書こうと思います。

このお話は先日創業サポートセンターFDN士業分科会で産業カウンセラーの方から聞いたお話です。

少し前まで企業は「Customer Satisfaction(顧客満足度)」を上げるために必死で頑張ってきたけれど・・・・
最近は企業を支える従業員の満足度を上げる事こそ、利益貢献につながり、人員確保の上からも、
結果的にコスト削減にもつながるのだという考えにシフトしているのだそうです。
そういえばどこかのデパートも従業員離れを考慮し、今年のお正月はお休みしたとか・・・。


う~~~ん


私・・・・ちょっと考えてしまいました。


言ってる事は間違いない・・・でも企業が顧客中心に考えなくてどうするんだ~って思う会社が確かに増えている。
自己中心的な考えや思い込みを顧客に押し付けていないか・・・営業職の人は感じているのではないだろうか・・・。

私の20代・30代はとにかく働いた!月の半分は終電を逃しタクシーで帰った位・・・
土日も会計の学校に行ったりとスキルアップも自らしていたし・・・
必要があれば土日会社に出る事もやぶさかではなかった。
今のようにハラスメントで訴える場もない、厳しい環境下だったと思う。

それでも・・・・・仕事は大好きだった。

朝までかかった仕事も多かった。でも終わった時は達成感と充実感で一杯だった。

当時は経済も右肩上がり、厳しかったけど、達成感や充実感も仕事は与えてくれる事を教えてくれていた。
その醍醐味を味わう環境はなくなってきているのだろうか・・・。
スポンサーサイト

【2007/01/31 10:00】 | キャリア
トラックバック(0) |


ゼロからの起業!
こんにちは、西田です。
いつも応援・コメントありがとうございます。

従業員と顧客、どちらも大事ですよね。
企業にとっていろんなステークホルダーがあると思いますが、
より良い形で考えていくべきなんでしょうね~。

それが難しいんでしょうが・・・(笑)

それにしてもパワフルウーマンさんのパワーというか、
仕事ぶりはすごいですね!

応援ぽちっと。




ミチル
私のいる会社は従業員も社会から預かっている大切な資源の1つであるということで、従業員は大事にされてますね。
でも、従業員満足度と正月休みにすることは別次元のような気がしますねぇ・・・

私も20代はパワフルウーマンさんのような生活に近いことをしてましたが、今はもう体がついていきません(やる気もi-195しているというのもあるけど(^^;;)
改めてパワフルウーマンさんのすごさがわかります。



mion's father
今、企業にとって一番の悩みは良い人材を
どうやって抱え込むか?ですからね~
大手企業ですら優秀な人材の確保に苦戦しているようですからね・・・
あまり、新入社員を甘やかすのもどうかと思いますけどね^^;


mion's father
追加コメントです^^;
バブル崩壊で中間管理職が切り捨てられた
事で人材育成がスムーズに行かなくなってしまったんですよね・・・



ちゃぐまの日記
こんばんは。
そうですね~。
経営者としてはもちろん雇用者の労働条件を守る責任があるべきだと思います。ですが、顧客を大切にしてこそ企業が必要とされると思います。従業員の立場を守るのといいつつ過保護にするのは違うと思いますし。両者のバランスが必要な気がします。


出張に行っていました。
chiemi
ただいまです。
変わらず、パワー全開の記事に
元気が出ます。
外で働くも、家で働くも
人の為に働くも、家族の為に働くも、
すべて、尊いこと。
今日も、元気で頑張りたいと思います。
ポチ!

コメントのお返事
パワフルウーマン
西田さん
こちらこそいつも訪問&コメントありがとうございます。
いえいえ西田さんこそ猛烈に働いていますよね。
お互い仕事楽しみましょう!

ミチルさん
いつもコメント本当にありがとうございます。
素敵な考え方の企業にお勤めされていらっしゃるんですね。
私も会社には恵まれていた方だったと思います。
今から思えば・・・事業主になって思う事はなんですが・・・自分が会社からしてもらっている気持ちと同じ位、会社を愛し仕事を愛し成果を上げていたのかな?と疑問に思う事があります。

mion's fatherさん
仰る通りどんなに不況でも企業は常に人材を求めていますね。
追加コメント・・・深いですね。
この間から思っていたのですが・・・mion's fatherさんはタダ者じゃぁ~ありませんね!

ちゃぐまさん
この両者のバランスができていない会社・・・多くなったと思いますね。
ベンチャーにいたっては経営者の指針がそのまま社員にすぐ反映されてるんで、対していてすぐ分かりますね。
経営者はもっと全体観を見渡す目を持つ必要があると感じます。

chiemiさん
お帰りなさ~い。
働くという事は尊いこと・・・chiemiさんらしい・・・。
なんだか心が洗われた感じですっと軽くなりました。
いつも素敵なコメントありがとうございます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは、西田です。
いつも応援・コメントありがとうございます。

従業員と顧客、どちらも大事ですよね。
企業にとっていろんなステークホルダーがあると思いますが、
より良い形で考えていくべきなんでしょうね~。

それが難しいんでしょうが・・・(笑)

それにしてもパワフルウーマンさんのパワーというか、
仕事ぶりはすごいですね!

応援ぽちっと。

2007/01/31(Wed) 12:20 | URL  | ゼロからの起業! #-[ 編集]
私のいる会社は従業員も社会から預かっている大切な資源の1つであるということで、従業員は大事にされてますね。
でも、従業員満足度と正月休みにすることは別次元のような気がしますねぇ・・・

私も20代はパワフルウーマンさんのような生活に近いことをしてましたが、今はもう体がついていきません(やる気もi-195しているというのもあるけど(^^;;)
改めてパワフルウーマンさんのすごさがわかります。
2007/01/31(Wed) 18:44 | URL  | ミチル #-[ 編集]
今、企業にとって一番の悩みは良い人材を
どうやって抱え込むか?ですからね~
大手企業ですら優秀な人材の確保に苦戦しているようですからね・・・
あまり、新入社員を甘やかすのもどうかと思いますけどね^^;
2007/01/31(Wed) 22:12 | URL  | mion's father #-[ 編集]
追加コメントです^^;
バブル崩壊で中間管理職が切り捨てられた
事で人材育成がスムーズに行かなくなってしまったんですよね・・・
2007/01/31(Wed) 22:14 | URL  | mion's father #-[ 編集]
こんばんは。
そうですね~。
経営者としてはもちろん雇用者の労働条件を守る責任があるべきだと思います。ですが、顧客を大切にしてこそ企業が必要とされると思います。従業員の立場を守るのといいつつ過保護にするのは違うと思いますし。両者のバランスが必要な気がします。
2007/02/01(Thu) 00:30 | URL  | ちゃぐまの日記 #-[ 編集]
出張に行っていました。
ただいまです。
変わらず、パワー全開の記事に
元気が出ます。
外で働くも、家で働くも
人の為に働くも、家族の為に働くも、
すべて、尊いこと。
今日も、元気で頑張りたいと思います。
ポチ!
2007/02/01(Thu) 09:37 | URL  | chiemi #-[ 編集]
コメントのお返事
西田さん
こちらこそいつも訪問&コメントありがとうございます。
いえいえ西田さんこそ猛烈に働いていますよね。
お互い仕事楽しみましょう!

ミチルさん
いつもコメント本当にありがとうございます。
素敵な考え方の企業にお勤めされていらっしゃるんですね。
私も会社には恵まれていた方だったと思います。
今から思えば・・・事業主になって思う事はなんですが・・・自分が会社からしてもらっている気持ちと同じ位、会社を愛し仕事を愛し成果を上げていたのかな?と疑問に思う事があります。

mion's fatherさん
仰る通りどんなに不況でも企業は常に人材を求めていますね。
追加コメント・・・深いですね。
この間から思っていたのですが・・・mion's fatherさんはタダ者じゃぁ~ありませんね!

ちゃぐまさん
この両者のバランスができていない会社・・・多くなったと思いますね。
ベンチャーにいたっては経営者の指針がそのまま社員にすぐ反映されてるんで、対していてすぐ分かりますね。
経営者はもっと全体観を見渡す目を持つ必要があると感じます。

chiemiさん
お帰りなさ~い。
働くという事は尊いこと・・・chiemiさんらしい・・・。
なんだか心が洗われた感じですっと軽くなりました。
いつも素敵なコメントありがとうございます。
2007/02/03(Sat) 21:53 | URL  | パワフルウーマン #X5tjtOLc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック