ハワイ法人・パワフルウーマンリミテッドのブログ。仕事をEnjoyする! キャリアと生き方には妥協しない! 元気に食べる・遊ぶ・生涯学び続ける! パワフルウーマンのモットーです!
ここ数ヶ月の間・・・友人と作った最初の法人に足を運ぶ事が多くなった。
「私の起業家人生はここから始まったんだよな~」ってしみじみ思う

大学時代の同級生である私達は、サークルもゼミも違ったため何かを一緒にやり遂げた経験もなく、
当然の事ながら起業するまで共に仕事をした事もないので、経営方針などをめぐってやたらとぶつかった。

男と女で会社を立ち上げたという非常に珍しいパターンなので、上下関係も内外ともにしっかり区別された。
(夫婦に見られたり恋人同士に思われたりするのもすごく嫌だったな。)

広告代理店と金融出身・営業と会計・・・右脳と左脳のぶつかり合いだった。

「何のために起業したんだろう・・・。」

足元を見失った私は、安易に相手の夢にのっかり起業した自分を責め、この法人を去り一から出直しをする事になった。
→ 悶々と悩んだ時の記事はこちら


あれから1年半・・・


私達は成長していた。

実のある私はビジネスアイデアや起業家マインドがなかった。彼はアイデアマンだが実がなかった。
お互いの強みを活かしていたものの、足らない面には振り向きもしなかったのだ。

お互いひとり起業家となって、足らない面を認識し学び実践し、今やっと対等に起業家同士として向き合う事ができたのだと思う。

節約のため電車を使わずどこまでも歩いた事。
お昼は前日の閉店間近に買った半額のおにぎり、夜は500円でビールとお蕎麦が食べれる店で頑張った事。
今は銀座アスターで1500円のランチ食べながら笑い話に花を咲かせている。懐かしい思い出だ。

当初お互いを最高のビジネスパートナーと信じていた事が実現しそうだ。ただ違うのはこれからは同じ会社としてではなく、
起業家同士として仕事をしていくという形に変化するが・・・。

「ひとり起業のススメ」は今回で終了しようと思う。
私の実体験から、起業しようと思うのならまずは「ひとり立つ」事から始めるべきという想いを伝え切れたと思うから・・・。

今後は起業4年目となった私の新たな挑戦を書いていこうと思います。
スポンサーサイト

【2006/11/04 08:42】 | ひとり起業のススメ
トラックバック(0) |


ミチル
ひとり起業のススメ、遅まきながら全部読ませていただきました。

起業するときって、誰かいた方が心強いし、何人かいた方がアイデアもたくさん出てきそうなどと安易な考えではだめというのを改めて思いました。
逆に自分以外の人と起業したときの方の難しいんですね。

となると、ひとり起業となるわけですが、それこそ頼るものも何も無い!!状態。
相当の意思が必要そうですね。夢だけ描いていても何も始まらないというのがやはり現実でしょう。

私は当分、企業の1個人として生きていくことになりますけど、一寸先は闇。どうなるかわからないので、その時はこの「ひとり起業のススメ」を肝に銘じたいです。


【素人が飲食店で独立・開業するアツいブログ】
こんにちは!ひろっち@呑助です。

ひとり立つことから始める・・・共感します。
飲食起業を決意したとき、ひとりだけのごく小さなお店を本気で考えていました。
色々あって料理人であるパートナーと組むことになりましたが、料理の試作、レシピの作成等、全て私がやっています。
そのパートナーは未だに「本気で一人でやる気やったん?」と聞きますが^^

でも起業3年、月並みな言葉ですが、立派だなぁ・・と本当に思いますし、4年目からの新たな挑戦も楽しみです。
これからもワクワクさせて下さい!ではまた来ます、ぽち♪
追伸1
頂いたコメントと記事にタイムラグが生じていました。
次回、参考にさせて頂きますので、また遊びに来てください!


門乃丞
一瞬ビックリしましたよ~!
最終回って・・・。

きっと沢山の苦労を経験して初めて輝けるのでしょうね。
そしてそれが魅力の一つにもなると思います。
パワフルウーマンさんの記事を読むと、僕も負けられない!っていう気持ちになり
いつもパワーを頂きます。ありがとうございます。

こんな凄い方と相互リンクを交わして頂きとても嬉しい半分
なんだか、申し訳なく思います^^;
これからもどうぞよろしくおねがいします。。。




ちゃぐま
ちゃぐまです。こんばんは^^
はやとちりして、ブログが最終回と思ってびっくりしてしまいました^^
たまにおっちょこちょいです^^

一歩前進、ですね!
ほんとうの意味で互いに支えあう関係というのは、なかなか得がたい関係ですね。
わたし自身はまだもう少し自分自身の地固めが必要とかんじていますが、はやくわたしも次のステップに行けるよう、パワフルウーマンさんを見習ってがんばろっ♪

応援、押しますね♪


コメントのお返事
パワフルウーマン
コメントのお返事遅くなってすみませんe-459

ミチルさん
全部読んでいただいたなんて本当にありがとうございます。
いや~でも今更ですが過去記事読むとちょっと恥ずかしいですね~。

ひろっち@呑助さん
そうなんですか~。でも全部自分で考えてやっているっていうのは大事ですよ。
更なる飛躍を目指して頑張ります。

門乃丞さん
そぉ~言えば最終回って驚きますよね。すみませんでした。
こちらこそいつも楽しい門乃丞さんのブログとリンクさせていただけて光栄です。
これからも宜しくお願いします。

ちゃぐまさん
まだまだ・・・ですけどね。
お互い成長した事だけは確かなようです。


コメントを閉じる▲
起業セミナーに行き、新しく起業された方のお話を聞く度、

目はイキイキと輝きハツラツと熱く語る姿に

こちらまで新鮮Fresh!な気持ちで一杯になる。

起業して数年経つと、いろんな事を経験し、角も丸くなったり時には牙を剥いたり・・・・・
ある意味ど~んと構えられるようになったのではあるかもしれない。

学生時代の友人と一緒に起業します!という方に時々お逢いする。そういう時は必ず一人で参加されててもう一人の方はいらっしゃっていない場合が多い。

「一緒に」と言っておきながら、すでに足並みが揃っていない。またはこういった表の場に出てくるのは役割分担上私のほうですという言い方をする人もいる。

私には・・・「一緒に」と言っておきながら、実は自分の方が上ですって言ってるのがミエミエな時がある。もちろん起業する時は純粋な気持ちでいるのかもしれないが・・・。

   全部自由だ!

でもね・・・自分のアイデアで起業したいなら、他人を丸め込んでは決してならない。また逆に安易な気持ちで相手の夢に乗っかってもならない。

自分の会社が欲しいなら、100%全額出資で起こすべきだ。
他人を雇ったからにはきちんと給料を支払う責任も必ず果たすようにすべきだ。

そういう意味では、言葉だけ「一緒に」などと言わずに、ひとりで起業する覚悟をし、どうしても他人の力が必要な時は、アウトソースで委託し、きちんと報酬を払うようにして、ケジメをつけるべきだと思う。

またそのようなケジメができない人は結局は信頼を失い崩壊していく。
だが何が悪いのか自覚症状のない人が多いのも事実だ。

ごめんなさい。キツイ言い方かも知れませんね・・・。
「そんなのこっちの勝手だろー」←はい、ごもっともです。

でもね、起業ってお金も時間も忍耐もものすごく要る事なの。上手くいってる時は良いけど、上手くいかない時は、人を巻き込んじゃうと開き直って正当化して逆切れする人けっこう多いです

ホームページ作ったりオーバーチャーのキーワード考えたりと、何か仕掛けて結果が返ってくるのに最初は半年はかかる。起動に乗ってからでも遅くないと私は思います。



【2006/07/20 12:24】 | ひとり起業のススメ
トラックバック(0) |
No.1になりたいですか?

あるセミナーでこんな話を聞きました。

「オリンピックで金メダルを取れなかった選手が「精一杯やりました。悔いはありません。これが私の金メダルです」と言う奴がいるが、ビジネスでは通用しない。アントレプレナー(起業家)は常にNo.1でなければならない。銀メダルを金メダルだと言ってるような奴は起業家には要らない。」

本当にそうでしょうか?

ではビジネスとは、経済とは何の為にあるのでしょうか?

経済とは人々を幸福にする手段であり、貧富の差を作るものでもなければ、マネーゲームでもないと私は思います。ましてや誰かがNo.1にならなければならない理由は何一つないと思います。言い換えれば人が経済を動かしている以上、誰でも経済の繁栄の責任の一旦を負っているのではないでしょうか。

これからのひとり起業家には目先のNo.1を目指すよりも、もっとグローバルな視点に立った経済観を持ち、「何のため」を常に自分に問いかける、間口の広い起業家の輩出が求められるのではないかと私は強く思っています。

少なくとも私はそうありたいと心に誓っています。


【2006/06/12 11:57】 | ひとり起業のススメ
トラックバック(0) |


栗原敏彰
パワフルウーマンさん、ご無沙汰しております。
仕事も私生活も順調なようですね。
これからさらに楽しみですね!

コメントを閉じる▲
20060416213738.jpg


起業仲間からの点滴の写メールです!(私のではありません。友人達よ、安心して)
働き過ぎで過労で寝込んだそうな。

ひとり起業家はどうしても無理しがちです。
この写真を見て「いいなぁ~私なんて注射一本だったもんなぁ~・・・。」だった。
(この感想もけっこう怖いよね。)

これから起業しようと思ってる方!本当にあるんだって。

最初の頃なんて毎日何もする事なかったり
食べれなかったり
服の裏地ボロボロでも知らん顔して着てたり(裏地だしね)
もう体限界!って思っても変なプロ根性出ちゃったり

でもね、そんな事笑い話に出来る日きっと来ます!
支えてくれた友人達の暖かさが身に染みてます。

お互いひとり起業家としてこれからも頑張りましょう








【2006/04/17 22:34】 | ひとり起業のススメ
トラックバック(0) |

気持ちいいんですよね~。
Mako
こちらも週一回は必ず点滴をしてます。
毎日の時は流石に辛かったですが…。

気持ちいいけど、あまりお勧めはできませんね。

『健康第一』でいきたいです。

コメントを閉じる▲
自分サイズの起業を目指そう!

以前他の方のブログを拝見させていただいていて「自分サイズの幸せ」というセミナーをされたお話が掲載されていた。

「自分サイズの・・・・・」

ハッとさせられるとてもスピリチュアルな良い言葉だ。自分を見つめ直せる言葉だと思う。

「何のために起業するのか?」

かつてのビジネスパートナーは「起業したからには自分のアイデアをどんどん”人に”具現化してもらい、何億という金を稼ぎ出し、いずれは○○市議選に出馬し、一度は”先生”と呼ばれたい」が口癖だった。

トップを目指す起業家は自分のアイデアに惚れ込み、自分という人間に無償で付いてきてくれる伴侶を求めがちだ。しかしビジネスである以上そんな夢物語はありえない事に気づいていない起業家も多い。

自分のアイデアはまず自分が具現化し結果を出していく事だと思う。そこに道が出来るし人がその道を通って集まって来る。

私が「ひとり起業」をススメているのは「本物の経営者」になる資質を自ら作り上げる事ができるチャンスだと思うからなのだ。


【2006/03/05 22:25】 | ひとり起業のススメ
トラックバック(0) |
自分のスタンダードを持とう!

友人と最初の法人を作った時一つだけ合言葉のように決めていた「自分達のスタンダード」があった。それは・・・・・

「自分達のやり方を通す」だった。

「たとえ相手がどんなに有名起業であろうが、逆に自分達がこれからどんなに大きくなって小さい会社を相手に仕事をしたとしても、自分達のやり方を通していく。自分達のやり方が通らないのならどんなオイシイ仕事でも断る。」これが私達のスタンダードだった。

言葉にするとな~んだそんな事って思うかもしれないが、起業したての頃は何度決断を迫られる場面に遭遇した事か!

事実オフィスを借りる時も何度も足元を見られ(なぁ~んと履歴書持参で面接まであったんだよぉ~就職試験みたいだった。)、ホームページ作成会社にはこちらの企画を盗まれそうになった(この会社は○○○ドアの傘下に入ったんだよ。今頃どぉしてるんだろぉ~)

何か一つ核となるものを持っている事を示す事で、相手にも舐められず窮地を凌いでこれた。逃した仕事も結果論として良い方向へと転換していけた。余談だが今もこの法人は存在し経営理念はまったく変わっていない。

一経営者として確固たる理念を持つ事はたとえひとり起業家であっても必要不可欠な事であると信じている。



【2006/02/25 17:03】 | ひとり起業のススメ
トラックバック(0) |

信じる道こそ我が人生。
maneco
私も在宅という非常~に小さな企業家ですが、同じように小さく地道にがんばっている人はたくさん居ます。
共に頑張りましょうねo(^0^)o

コメントを閉じる▲
ネットワークを広げるには・・・・

先回起業家セミナー等にはドンドン参加しよう!って書いた。会った事のある人に仕事を頼みたくなるものだからだとも書きました。

ただ・・・・・こんな人けっこういます。

セミナーに参加してただ名刺を配るだけの人
何か仕事をもらえないかと目をギラギラさせている人
批判的な人
(←けっこう目がいってます。こういう人)

全部自由。だけどね、私はこう思う。

「私はこういう事ができます。あなたは私にできないこの部分ができるのだから、お互いにwin to winで仕事取ってきませんか」

受身ではなく主体的な姿勢が大事。当たり前の事だけれど、何とか仕事もらえないかとただ受身で参加している人けっこう多いものです。

ひとり起業家はなんでもひとりで抱え込むわけにはいかない。アウトソーシングをドンドン活用するためにも自分の強みと足らない面をきちんと見極め人脈を確保していこう。




【2006/01/24 23:21】 | ひとり起業のススメ
トラックバック(0) |